« | »

2015.05.06

転職エージェント手数料|今の仕事を換えるという気持ちはないけれど…。

当たり前かもしれないが成長している業界の企業には、ほかの業界にはないビジネスチャンスに遭遇する機会がたくさんあるものだ。新規事業参入のチャンスもあれば、子会社や関連会社の設立に携わったり、新規参入する事業やチームの責任者をまかされる可能性が高くなることが多いのです。当たり前ですが就職活動は、面接選考を受けるのもエントリーした自分です。それに試験を受けるのも応募した本人なのです。とはいえ、気になったら、先輩などの意見を聞くのも良い結果に繋がります。転職というような、あたかも何回も秘密兵器を使ってきた経歴がある方は、自然と転職したという回数も増加傾向にあります。そういうわけで、一つの会社の勤続年数が短いということが多いわけです。電話応対すら、面接試験の一つのステージだと意識して応対するべきです。反対に見れば、担当者との電話応対とか電話での会話のマナーが好印象であれば、同時に評価が高くなるはずです。本音を言えば仕事探しをしている最中に自己分析(自分のキャリアの整理)をチャレンジするといいだろうと指導されてためしてみた。正直に言ってまったく役に立つことはなかった。せっかくの情報収集を一時停止することには、不利になることが想定されます。それは、現在は募集中の会社も応募できなくなってしまう場合だってあるということなのです。就職したい会社が確かに正社員に登用してもらえるチャンスがある職場かどうか判断して、可能性があるようなら、まずはアルバイト、または派遣などとして働きつつ、正社員になることを目指すのもいい方法だ。今の仕事を換えるという気持ちはないけれど、どうにかして今よりも月々の収入を増加させたい時は、とりあえず役立つ資格を取得するのも有益な戦法じゃないでしょうか。原則的に、人材紹介会社はたくさんあるが、成り立ちとしては今の会社を辞めて転職を望んでいる人が使うところだ。だから実務の経験が最低でも数年はないと対象にすらしてくれません。おしなべて最終面接の際に質問されることは、これまでの面接試験で既に問われたことと同じになってしまいますが、「志望のきっかけ」がずば抜けて大半を占めるようです。同業者に「父親の口添えを使ってSEを捨てて転職してきたのだ」という経歴を持つ人がおりまして、その人の体験によればSEだった頃のほうが百倍くらいは楽が出来たとのことです。今の時点では、第一志望の会社ではないかもしれないけれど、現時点で募集中のそれ以外の会社と比較して、多少でも良い点だと思う部分は、どの辺りにあるのかを思い浮かべてみて下さい。外資系企業で就業している人は、そうは珍しくない。外資系と言えば、以前は中途入社のすぐにバリバリ働ける人を採用する印象を持ったが、近頃は、新規卒業の社員の採用に活発な外資も顕著になってきている。会社説明会と呼ばれるのは、会社側が主催する就職ガイダンスのことで、セミナーとも言われます。希望している学生たちや就職希望者を集めて、会社の概略や募集要項などの重要事項を説くというのが普通です。この場合人事担当者は、実際のパフォーマンスを試験などで読み取って、「自社にとって必要で、そして戦力になりそうな人物かどうか」を真剣により分けようとすると思っています。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.