« | »

2014.05.08

転職エージェント流れ|いわゆる圧迫面接で…。

面接のとき、勿論転職の理由について問われるでしょう。「どういう理由で退職したのか?」に関しましては、どんな会社も非常に興味のある事項です。従って、転職した理由を取りまとめておくことが大切だと思います。いまの時点で熱心に就職や仕事変えの為の活動をしているような、20代、30代のジェネレーションの親の立場から見ると、確実な公務員や人気の大手企業に入社することこそが、最善だということなのです。明白にこんなふうに仕事がやりたいという確かなものもないし、あれもこれも良さそうと思い悩んだ末に、挙句の果てにいったい何がしたいのか企業の担当者に、整理できず話せない場合がある。多くの場合就職活動の際に、応募者から応募希望の勤め先に電話することはわずかで、応募先の企業がかけてくれた電話を取らなければならないことの方がたくさんあります。相違なく覚えのない番号や非通知設定の番号から電話されたとすると、戸惑ってしまう気持ちはわかるのですが、そこを耐えて、先に自分の方から名前を告げるべきでしょう。外資系の仕事の現場で所望される仕事する上での礼儀や技術は、日本人の企業戦士として望まれる行動や社会人経験の枠を著しく凌駕しています。なるべく早期に、中途採用の社員を増やしたいと予定している会社は、内定が決定した後返答を待っている長さを、長くても一週間程度に制約しているのが多数派です。仮に成長企業でも、100パーセント絶対に採用後も存亡の危機に陥る可能性が無い、もちろん、そんなことはないのです。だからその点についても十分に確認が不可欠。就職のための面接で緊張せずにうまく答えるということができるようになるためには、多分の実習が大切なのである。とはいえ、本当の面接選考の経験が不十分だと緊張するものである。いわゆる圧迫面接で、厳しい問いかけをされた折りに、無意識にむくれてしまう人もいます。そうなる気持ちは理解できるのですが、率直な感情を表面に出さないようにするのは、社交上の基本的な事柄です。おしなべて企業というものは、雇用者に対して収益の全体を割り戻してはいません。給与の相対した実際の労働(必要労働)自体は、よくても実施した労働の半分か、それより少ない位でしょう。転職を想像する時には、「今いる勤務先よりもかなり上の条件の企業があるはずだ」そんなふうに、まずどんな方でも思うことがあるはずです。電話応対さえも、面接のうちだと意識して応対しましょう。反対に、採用担当者との電話応対とか電話での会話のマナーがよいと感じられれば、同時に評価も上がるということなのだ。ある日偶然に評判の大企業から「あなたを採用したいと思っています」などというケースは、考えられないものです。内定を数多く出されているような人は、その分たっぷりと不合格にもされています。そこにいる面接官が自分の今の言いたいことを認識できているのか否かを確かめながら、よい雰囲気での「会話」がいつも通り可能になれば、合格の可能性も広がってくるのではと感じます。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.