« | »

2016.06.05

転職エージェント岡山|誰もが知っているような成長企業であっても…。

ニュースでは就職内定率がとうとう過去最悪となった。そんな年でも粘って採用の返事を掴み取っているという人が確実にいるのだ。では、内定の返事がもらえる人ともらえない人の大きな違いはどこなのか。社会にでた大人とはいえ、状況に応じた敬語などを使いこなしているかというとそうではありません。多くの場合、社会人ならば恥と言われるだけなのが、面接の際は致命的な悪印象をもたれるような場合がほとんど。公共職業安定所などの場所の就職紹介をしてもらった場合に、そこの職場に勤務できることになると、様々な条件によって、そこの企業より職安に向けて仲介料が渡されるそうです。面接というものには完全な正解がありませんから、どこがどのように良かったのかという「ものさし」は企業ごとに、更に面接官ごとに相当違ってくるのが今の姿です。転職を計画するとき、「今の会社なんかよりずっと年収が貰えるところがあるだろう」こんなことを、間違いなく全員が空想することがあるだろう。面接のときには、どうしても転職理由を聞いてきます。「どんな理由で辞めたのか?」ということについては、どんな企業の担当者も最も興味のある問題です。それもあって、転職した理由については熟考しておく必要があるでしょう。誰もが知っているような成長企業であっても、間違いなく何十年も何も起こらないということではない。だから就職の際にその部分については慎重に確認が重要である。現在の勤務先よりも給料自体や職務上の処遇などがより優れている会社が存在した場合、あなたも自ら転職したいと要望するのであれば、思い切ってみることも大切だといえます。携わっている仕事の同業者に「父親の口添えでSEとして勤務していたが、この業界に転職をした。」という異色の過去の持ち主がいるのだが、その人によるとSEとして働いていた時のほうが全く比較できないほど楽なのだそうである。大事な考え方として、企業をセレクトする時は、絶対にあなたの欲望に忠実になってチョイスすることであって、決して「自分のほうを就職先に合わせよう」なんてことを考えてはならないと言えます。もう関わりがなくなったといった見解ではなく、なんとかあなたを肯定して、内定の連絡までしてくれた企業に向かって、実直な態勢を肝に銘じましょう。就職できたのに採用してくれた企業が「思っていたような会社じゃない」あるいは、「こんな会社にいたくない」ということを思っちゃう人は、売るほどいるのが当たり前。「自分がここまでトレーニングしてきたこんな力量や特質を有効に使って、この仕事を欲している」という風に自分と結びつけて、どうにか担当の人に妥当性をもって理解されます。面接試験は、面接を受けている人がいかなる考えを持っているのかを認識する場だと考えられますから、原稿を間違えずに読むことが要されているわけではなく、精一杯声に出すことが大切なのです。採用試験の際に、応募者によるグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施しているところは多くなっている。担当者は普通の面接だけでは引き出せない性格などを観察するのが目当てなのです。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.